ジパングからショナールバングラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラデシュの特産品ジュート

バングラデシュの数少ない特産品の1つである「ジュート」
麻みたいな繊維で紐とかになる。

最近は日本でもマザーハウスのバックで少し知ってる人もいるかも。

現在収穫のシーズンのようで、
村に行けばあちこちでジュートの仕事をしています。


P7210741_convert_20100807164217.jpg
こんな感じで畑に生えてます


意外に手間がかかるみたいで、
みんな総出でがんばってました。


まず、収穫する(切る)
   ↓
2週間ほど水に浸ける
   ↓
芯と繊維を分ける
   ↓
乾かす
   ↓
まとめる

という手順で進むようです。


P8050817_convert_20100807173411.jpg
水に浸ける


P8040800_convert_20100807174328.jpg  P8040799_convert_20100807174625.jpg
乾かす


P8040801_convert_20100807174917.jpg
ジュートの芯


P7200725_convert_20100807175207.jpg P8040805_convert_20100807175454.jpg
芯は家の壁や囲いの一部にしたり、ご飯を作るときの薪になる


P8040803_convert_20100807175815.jpg
完成


ジュートは政府のレートでは1モン(約40キロ)=2,000タカ
の値段になるらしい。

村の人は1モン1,400タカから1,500タカ位で売るって言ってました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。