ジパングからショナールバングラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イードとシュンドルボン

今年は11月17日がイスラム教のコルバニイード(犠牲祭)でした。
イードの休みを利用して、世界遺産シュンドルボンへ行って来ました。


イード当日、滞在していたダッカのJOCVハウスの前でも
牛がジョバイされていました。


PB170568_convert_20101124223721.jpg PB170564_convert_20101124222909.jpg

手足を縛り付けて首を切ります。
JOCVハウスはバリダラという高級住宅街にあるので、
立派な牛が何頭もいました。



さて、シュンドルボンに向けてバスで出発。
シュンドルボンは世界最大のマングローブ林として
世界遺産(自然遺産)に指定されています。


PB180578_convert_20101124224554.jpg PB180576_convert_20101124224032.jpg

今回は船を貸切り、日本人45人で川を下りました。
船の中で3泊の旅。


PB180577_convert_20101124224236.jpg PB190623_convert_20101124230231.jpg

朝は、小船に乗って支流を散策します。


DSC03480_convert_20101124233125.jpg DSC03475_convert_20101124232148.jpg

ベンガルタイガーが住んでいるという
湿地帯の散策もしましたが、見つかるのは鹿。トラは足跡や爪あとだけ・・・


PB180592_convert_20101124225358.jpg PB180603_convert_20101124225645.jpg

ベンガルタイガーは数が少なくなって、
ガイドの人でも数回しか見たことがないそうです。



特に見所の無いシュンドルボンツアーでしたが、
多くの自然と、静かな環境、ゆっくりとした船旅を楽しむ事ができました。



PB180607_convert_20101124225937.jpg









スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。