ジパングからショナールバングラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしい国インド

高校生くらいの時から、インドに行きたいと思っていた。
インドに関する本やインターネットを見ると、
インド人はみんな詐欺師だ、必ずひどい下痢をする、泥棒にあう、
ボッタくられる、電車が全く時間どうりに来ない、
などの情報がたくさんあり、なんと恐ろしい国なんだろうと想像していた。
しかし、いつか行ってみたいとずっと思っていた。


少し前の話ですが、ついにインド行きが実現しました。

今回の旅行ルートは
コルカタ→デリー→アグラ→バラナシ→ブッダガヤ→コルカタ

インドはバングラデシュの隣の国
ダッカからコルカタへは、バス(片道1000tk以内)、鉄道(片道1000~2000tk位)で
かなり安いのですが15時間位かかるようなので、今回は飛行機を利用しました。
バングラデシュの航空会社GMGでちゃんと飛ぶか心配でしたが、
ほぼ定刻で出発、飛行時間は大体40分位だったと思います。
料金は片道6000tkくらい。(1tk=約1.3円)

実際にインドに行ってみると、
かなり期待外れというか、かなりいい国でした。
バングラデシュのカレーと違っておいしいし、結構親切だし、
十分警戒していたせいか、だまされる事もなく、値段交渉もそんなに大変じゃなく、
列車もそんなに送れたイメージはありませんでした。
もちろん下痢も全くしませんでした。
バングラで鍛えられたせいでしょうか・・・
ただ、日本語で話しかけてくる奴等が面倒だったかも。


アーグラ
やはり、タージマハールはでかかった!!
その他、アーグラ城、ファテープル・シークリーを見た。

P3280534.jpg
宿から見えるタージマハール

P3280596.jpg
正面

P3280607.jpg


P3280594.jpg
南門?

P3280545.jpg
アグラ城の門

P3280563.jpg
アグラ城内部

P3290701.jpg
ファーテプル・シークリー


バラナシ
なかなか味のある町だった。
雨季ではない為かガンジス川は思ったより大きくなかった。
夜のプジャは幻想的、買い物も楽しい。
ベンガリ・トラという通りはベンガル人の集まりらしく、
ベンガル語がかなり通じて助かった。

P3300704.jpg
ガンジス川

P3310264.jpg
ボートから

P3310714.jpg
ボートから

P3310720.jpg
食事する親子と犬

P3300707.jpg
夜のプジャ(ヒンドゥー教のお祈り)

P3310710.jpg
ベンガリ・トラ


ブッダガヤ
仏教の聖地、各国の仏教寺院があって面白いが、
それ以外は何も無い・・・
日本寺で座禅に挑戦した。

P4010747.jpg
大菩提寺正面

P4010779.jpg
大菩提寺

P4010764.jpg
菩提樹

P4020808.jpg
夕方は各国の僧侶が交代お経をで読むらしい


コルカタ
コルカタはベンガル語が通じる。
タゴールの家、カーリーテンプル、ジャイナ教の寺院などに行った。
1日だけマザーテレサハウスにボランティアにも行った。

P4030336.jpg
ジャイナ教寺院

P4030343.jpg
コルカタの町並み



今回は日程的に余裕がなかったので、
可能であればもっとゆっくり回りたかった。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。