ジパングからショナールバングラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラデシュ軍

バングラデシュの携帯電話にはたまに政府からのお知らせが入る。
携帯電話キャリアによるのかは不明だが、
とりあえずグラミンフォンにはメールが来る。

例えば、28日にはビタミンAキャンペーンプラスのお知らせが来た。
※ちなみにビタミンAプラスキャンペーンとは、12-59ヶ月の子供に
 ビタミンAとアルベンダゾールを飲ませるキャンペーンです。

さて、本日5月29日も次のようなメールが入った。


On 'Internationnal Day of UN Peacekeepers'
May 29,we pay tribute to all peacekeepers and are proud to be
number one in UN peacekeeping in the world.


Wikipediaで調べてみたところ
5月29日は「国連平和維持要員の国際デー」であるらしい。

バングラデシュは2010年8月現在、世界で一番多くPKOに
人員を派遣しているらしい。
お金は出すけど人は出さない日本と逆ですね。



このメールで以前にバングラデシュ人から聞いた話を
思い出したので、少し書きます。


バングラデシュでは軍隊(ほとんどが陸軍)は
就職先として大変人気がある。

理由としては、
・尊敬される
・衣食住にお金がかからない
・退職金がもらえる
PKOに行ける
ということらしい。

独立戦争経験者も未だ多数存在し、
周りをインドに囲まれた、不安定な国バングラデシュでは
国を守る仕事は誇りをもてる仕事なのだろう。
衣食住にお金を使わず、親に仕送りできるから
というのも家族思いのバングラデシュなので理解できる。
他の公務員と同じく、退職金がかなりもらえるのも
魅力だろう。(定年まで勤めれば約800,000tk)

さて、なぜPKOに行きたいのか??
理由はお金である。
一般的なアーミーの給料は月に6,000~10,000tk
もちろん将校はもっと多いだろう。
しかし、PKOに参加すると、
なんと、月に約100,000tk位もらえるのだそうだ。
財源は国連。(支払いは遅れているようだが)
これは、かなり魅力的である。
任期を終えて、家を建てたり、商売をしたりする人が
たくさんいるらしい。
もちろん、怪我をした人、死亡した人もいる。

以前は基本的に3年の任期での派遣だったが、
今はなるべく多くの人が行けるように任期が2年に
なっているそうだ。


バングラデシュ、パキスタン、インドなどの貧しい
南アジアの国々はPKOへの派遣がかなり多いらしい。
危険な仕事に経済的に厳しい国の人々が多く従事している現実には
少々考えさせられます。



※1tk=1.3円位です。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。